リロケーションとは?

リロケーションとは日本語で「移転」「配置転換」という意味で、転勤や一時的な移転で一定期間家を空ける際に自宅を賃貸として貸し出すサービスのことです

または留守宅管理サービス、オフィスリロケーション、賃貸住宅の管理委託などを依頼出来るサービスのことです。 個人の住宅を賃貸として貸し出す事は法律上に問題がありましたが 2000年に「定期貸家権」という一定期間転勤で留守になる家を管理する法律が改正され、今ではリロケーションサービスを行う管理会社が存在するほど主流になっています。 転勤や海外赴任などでリロケーションを考えてる方はリロケーションの利用方法やメリット・デメリットを知り、慎重に考慮しましょう。

◯リロケーションのメリットは? リロケーションサービスを利用しないで個人的に契約をした方が利益があると思う方も多いでしょう。 しかし、個人でリロケーションを行うと「賃貸未払い」「住宅の破損」「留守中の管理が行き届かない」など様々なデメリットが伴います。 そこで安心して頼れるのがリロケーション管理会社やリロケーション管理を行っている不動産会社です。 リロケーションの管理会社や不動産会社に依頼すると留守中の住宅管理サービスも行き届いてるので安心して家を空けることが出来ます。

また、管理会社に依頼することで賃貸未払い等のトラブルや面倒な手続きも無く、確実に収入に繋がることが最大のメリットです。 インターネットで検索すると色んなニーズに合わせた管理会社を見つけることが出来ます。 見積りや相談をして、信頼出来る管理会社を見つけましょう。

img01

海外のリロケーション

img03

住宅のリロケーションサービスはアメリカのニューヨーク発祥です。 アメリカのニューヨークは世界経済を牽引する代表的な世界都市であり、また世界の玄関口と言われるほど人の移流が多いことから、居住人気が高く不動産・・・

リロケーションの利用方法

img04

リロケーションサービスの利用方法について説明します。 今後リロケーションサービスの利用を検討している方、見積りや相談を検討している方は参考にして下さい。 最初はパートナー選びで・・・

Copyright©2014 意外と知らないリロケーションのこと All Rights Reserved.